それぞれのプレイ内容

口元

■デリヘルとピンサロのプレイ内容
デリヘルでは、嬢を自分の指定した場所に呼んで、そこで性的プレイを行うことができます。
そこでできる性的プレイとは、主にファッションヘルスと同じもので、本番行為以外の性的プレイ一般になります。
本番行為とは、挿入行為のことをいいます。
主にできる性的プレイとして、「キス」、「手コキ」、「フェラチオ」、「69(シックスナイン)」などがあります。
射精するときは、ほとんどフェラチオや素股プレイなどです。
デリヘルだけではないですが、いくつかの風俗ジャンルでは性的プレイを行う前に利用客も嬢もシャワールームで一度体を洗うことがルールに入っています。
そのため、デリヘルを利用する際は、「シャワールームがある部屋」という条件を設けているところも少なくありません。
また、シャワールームだけでなく、部屋の中やベッドの上もある程度衛生的にしておかなければならない、というルールを設けている店舗もあります。

ピンサロは、デリヘルと違い自宅やホテルの個室などではなく、店内のフロア内で嬢と性的プレイを行います。
フロア内とは言っても、テーブルごとにパーテーション(仕切り)が設置されているところがほとんどなので、周りの様子が気になったりすることがあまりありません。
性的プレイは主にソファの上で行われます。
行える性的プレイは、「キス」や「フェラチオ」、「手コキ」や「クンニリングス」など、お互いへの愛撫行為です。
当然挿入行為はできません。
ピンサロには「花びら回転」と「マンツーマン」というシステムがあります。
花びら回転というのは、嬢が数人ついてサービスをしてくれるシステムのことをいいます。
一回の利用で数人の嬢と楽しめますし、料金も割安なので、少し贅沢な気分を味わいたい人に向いているシステムだといえます。
マンツーマンは、終始ひとりの嬢がついてサービスをしてくれるシステムです。
お気に入りの嬢がいる場合や、ひとりの嬢と落ち着いてまったりプレイしたいという方に向いているシステムです。

ピンクサロンの特徴

下着姿

■ピンサロ(ピンクサロン)とは
ピンサロは、ピンクサロンの略称です。
ピンクサロンは、ソープランドやSMクラブなどとともに、日本の風俗業界の中でも長い歴史をもつ風俗ジャンルです。
1960年代に誕生した風俗ジャンルです。
その後、1970年代の後半に風俗店の中でも人気のあるジャンルとなりました。

ピンクサロンは、デリヘルのような無店舗型の風俗店ではなく、店舗型の風俗店になります。
ただ、ソープランドのように個室の中で嬢と性的プレイを行うかたちではなく、店内のフロアで他の利用客と同じ場所で嬢と性的プレイを行うかたちになります。
一般的に、ピンサロは風俗街、及び繁華街を中心に店舗を構えています。
全盛期に比べ人気は少し落ちましたが、現在でも全国各地に店舗が並んでいます。
性的サービスのみを提供しているピンサロ店もありますが、ほとんどの店舗で飲食サービスを行っています。
各店舗の出入口付近には、ネオンの看板が設置せれていることが多いです。
また、その看板にはそのお店の利用料金が書かれていることもあります。
店舗の中には、地上1階ではなく、建物(ビル)の地下で営業している店舗も多いです。
店舗のフロアの中には、ソファやテーブルが並んでいます。
前述したとおり営業時間は常に他の利用客もいる状態ではありますが、ほとんどの店舗が照明を落とし薄暗い状態にしているため、あまり周りの状況を気にせず利用することができます。
ピンサロの営業時間は、だいたい夕方から深夜までです。
ただ最近では、店舗によって早朝サービスをしているところも増えてきています。
早朝は利用客も少なく、また利用料金も安く設定しているところが多いので、この早朝サービスを利用する利用客は少なくありません。
ピンサロでは飲食のサービスもありますが、提供しているドリンクはソフトドリンクとアルコール類となっています。
基本的にサービス料金とは別に料金が発生します。
ピンサロの利用料金は、平均でだいたい6000~8000円くらいとなっています。

Powered by http://uhhson.com/ | Designed by: video game | Thanks to search engine optimization and seo agency